スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/25 EUR/USD

みなさんこんばんは。本日26日はノートレードでした。(AUD/JPYを取り損ねましたが><)
昨日、月曜日はユロドルは下に窓開けのスタートでした。
下落の勢いが継続するのか?と思い、1時間足の上昇の形が崩れてのショートエントリー。
しかし、STOPにかかり見送りとなりました。
普段なら「取り返したい!!」ってなって根拠が薄いところでエントリーですが、自分の中のシナリオで①「大きな時間足レベルの戻りの買いが出る」、②「そのまま横横相場のレンジになる」、③「さらに下抜ける」の3つを事前に頭に入れていました。

ここが曖昧だと、いつも無駄なエントリーばかりしてしまいますからね^^;

EUR/USD
-21.5pips

5分足 上昇の形が崩れるのを待ってエントリー。後、レンジ高値付近で損切り。
20140825EURUSD1.jpg

1時間足 
20140825EURUSD2.jpg

4時間足 ほぼ抜けでエントリーでした。長期足レベルで伸びきった状態ですので、買い戻しが入ってもおかしくない状態です。
20140825EURUSD3.jpg

今後は、一旦の戻りを待ってまたショートを狙いたいところ。
20140826EURUSDKEN.jpg

ドルストレート銘柄は見送りです。

では。


スポンサーサイト

8/20 ~ EUR/USD

みなさんこんばんは。実は、ユロドルもトレードしていたんです。
記録しておきます。

EUR/USD
差し引きトータル +35pips

15分足
中長期で長いレンジ相場を下抜けする波が発生し、「売り目線」となりました。抜けたあとに短期足に切り替えて、揉み合いを待ちました。オレンジゾーン
①ショート 短期レンジ下抜けエントリー → 短期トレンド転換一時撤退の決済。(少し早すぎた)
②増し玉ショート 短期レンジ下抜け+戻りでエントリー → 資金管理のもと、短期レンジの高値超えで損切り
③1時間足の上昇トレンドが崩れたところで戻りを待ってエントリー ⇒ 時間決済(週跨ぎはしないルール)
20140821EURUSD1.jpg

1時間足 
20140821EURUSD2.jpg

4時間足 簡単に言うと、「レンジ下抜け」と「ライン(1.33940)に戻り待ち」エントリーです。
20140821EURUSD3.jpg

日足 1.33940は上昇に向かう踏み台になったあたりのレートです。
20140821EURUSD4.jpg

日足クラスのトレンド転換の動きですので、落ち着いて待てました。
来週もしっかり落ち着いてトレードします。

トレードプラン

EURUSD
20140825EURUSDKEN.jpg

GBPUSD
20140825GBPUSDKEN.jpg

AUDUSDは様子見

8/20 GBP/USD

みなさんこんばんは。最近、FXの戦友と言ったら失礼ですが、僕のFX先生とトレードについていろいろアドバイスを頂いていました。
テクニカルよりも、トレードにおける資金管理の考え方です。自分が決めた波に対してエントリーしたら崩れるまで保有しなければならない。確かにそう言うルールもアリだと思います。
一つ、なるほどと思ったのが、波を理解しているなら「一旦もらっておく(含み益)」ということです。
最近の相場は乱高下が激しく、素直にトレンドは継続しません。
でも、無情にも自分都合にいかないのも相場です。ですから損切りのルールも大切。
しかし、利益なくしては生き残れない。「利益を残すのも立派な資金管理」を教わりました。

少しもやもやが取れて気が楽になりました^^  でそこからのトレードを記録します。

GBP/USD
+44.6pips


5分足 先日の続き。自分が建てたプランは総崩れ、目線は売り目線に以降しました。赤いゾーンに跳ね返され、タイミングは早いもののショートエントリー。短期足揉み合い付近まで引っ張り利確。
20140820GBPUSD1.jpg

1時間足 エントリー根拠は、そうです。先日の揉み合いを一気に下抜ける「売り」。戻しを試しましたが、ヒゲで撃墜されました。これにより、心理的に「売り目線」と判断。プラス赤い揉み合いゾーンに戻れなかった事実。エントリータイミングは実は1分足でとってました。っで、まず伸びたところで利確。黄色い波が発生すれば、戻しを待ってもういっぱつショートを狙いたいところ。
20140820GBPUSD2.jpg

4時間足 戻り待ち。
20140820GBPUSD3.jpg

p.s IFDの傷が少し癒えました・・・。

待つこと。

みなさんこんばんは。昨日の続きです。

GBP/USD

反発上昇の思惑が、下抜けて下降トレンドの継続の形となりました。昨日までは買い目線でしたが、今は売り目線です。
本日仕込んでいたIFD注文も見事玉砕されて、大打撃を被ってしまいました。(負けが増します><)

今は戻し待ち。無駄なトレードはしません。ただ、耐えるのみです。「取り戻したい気持ち」は自分にとって最大の敵ですから。
しっかり待つ。

引きつけて、戻しを待って失望ムードの相場に総攻撃です。

20140820GBPUSD.jpg

p.s IFDは辞めよう。相場に絶対はないから。

8/19 GBP/USDトレード検証

みなさんこんばんは。
あれから、トレードの見直しをしていました。過去検証はあえてせず(自分の負けるパターンがおおよそ分かってるため)
プラスの検証です・・・。
つまり、見てそうで見てなかった部分を少し細かく見てあげて検証する。
どんなことかと言うとですね、、

「今のレートは大きな波から見て、どこにいて、どうなったらエントリーするのか?」

ん?前もやってたんじゃって感じかもしれませんが、そこにプラスして自分なりの市場心理の分析です。
「どこに買いや売りが集中しやすいのか?」
なんだ、生意気な分析をしやがってって感じに思われるかもしれませんが、今までの僕は「ここをこう抜けて戻ってきたら買いだ!!」とか「ここを抜けれなかったら売りだ!!」って感じでしたが、根拠が曖昧で乏しかったんです。

まだまだいろいろな通貨を見て検証中です。正解なんかありません。でも自分の中での正解を作ってあげなきゃトレードなんかできない。それが「ルール」だと考えました。

GBP/USD 検証

本日窓を開けてのスタートとなり、短期足で予想通りレンジを形成する動きとなりました。

1時間足下降トレンド ①ポイントは1.67000の心理的節目であり日足クラスのレンジ下限を超えて反発の動きを見せていると考えて、窓閉め終了してからのロングエントリー。 ②現在の揉み合いを上抜けてレンジ帯がサポートとなるようでしたらFib50サポートの根拠も見方に付けてのロングエントリー。
20140819GBPUSDKEN.jpg

4時間足下降トレンド 1時間足トレードは見て分かる通り、4時間足レベルの戻しを試す部分を見ています。(黄色)大きく狙ってトレードすべきではない部分ですね。逆を狙う訳ですからリスクは高い。
しかし、もし大陰線を作った戻り高値を更新してしまうと(赤線)一旦下降トレンドは終了し、ショートポジションの方々が狩られて行くわけですので、赤線のレート付近で押し目を作る形となれば大きく狙っていきます。
これが今回の本命のエントリーポイント。
じゃあ赤線の高値レートってなんなのか? は後で説明します。
20140819GBPUSDKEN2.jpg

日足レンジ しかし!赤線で頭を抑えられることがあればH&Sっぽい感じになるので、1.67000をぐいっと下抜けて戻りを売りで狙いたいところ。
20140819GBPUSDKEN3.jpg

週足アップトレンド この図で1.68420と言うレートに赤線。短期中期大陰線の高値の赤線と一致します。大陰線の高値は先週の最高値ですので、このレートを上抜けて押し目をつければ買いの注文が増えるのではないか??という考えです。
ですから4時間足のトレードが本命です^^;
20140819GBPUSDKEN4.jpg

今回はへっぽこ検証でしたが、自分なりに「こうなったらこうする。」をインプットしてますので、しっかり動きを見て待とうと思います。
ボラが小さい相場でいつもやられてた訳ですから、しっかりルールを守ります!

では。

退場

みなさんこんばんは。
久々の投稿です。単純に本業が忙しかったり・・・夏休みで家族サービスしてたり・・・

いろいろとありましたが・・トレードはやはり中長期足目線の割には「雑」になり、やや反省気味です。
ただただ「ポジを保有する期待感」が邪魔をして、自分のセオリー通り利益確定するはずのとこで無駄にねばってみたり・・・
何度も含み益を損切りまで耐えて負けると言う感じでした。
ん~って感じの半月でしたが・・

なんと

あれよあれよと言うまに証拠金がなくなっている。。最近ロットを少し上げていたせいか、資金管理も少し曖昧になり、
結果ドローダウンもあったもんじゃない・・・。
波がどうこう、レジサポがどうこう言っている以前になってしまいました。
大丈夫だろう・・・大丈夫だろうと思い込んでいた証拠金・・・・
だんだん溶けていました。夏の暑さもあってか・・・。

退場

一瞬浮かび上がりました。
夢を抱いてコツコツ貯めたお金が、FXの証拠金として活躍してくれましたがたくさんたくさんなくなってきている。
いろいろなものを我慢して貯めたお金がほとんどなくなってきました。
でも現実として受け止めなくてはいけない。

全て自己責任であると言うこと。ただ、やっぱり退場を食らっても諦めれない自分がいる。
FXで稼げるようになる!って夢物語を追い続ける自分がいる。

今日は変な内容ですが、おなじような経験されている方がこのブログを見てくれている方の中でおられると思います。
こんな時に言うんでしょうね。

「お互い、勝てるようになるまで諦めずに頑張りましょう!!」

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。