スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/13~2/14 ①AUD/JPY ②EUR/JPY

みなさんこんばんは。昨日は変な記事でした。。
えっとですね・・・その前の記事の10日のオージー円のトレードの後にですね、欲が出て根拠がないところで入って負けを連発させたんですね。
「このラインまできたから逆張りでショート!」とか、「ここまで落ちてきた。このラインを背にロングだ!」とか。
まったく意味の無いトレード。
そして、こないだのオージー円のトレード。自分で言うのも何なんですがトレンド転換をうまく捉えれたトレードでした。
比較したんですよ。チャートを横目に。今まで見えてたものが変わったんですね。
「長期足の値動き」の大切さに気付いたんですね。
小さな流れは大きな流れにやがて戻っていく意味というか。大きな時間足の波形で意識されるレートって出来るんですね。ようは世界中のトレーダーが見てるんじゃないか?ってレート。そしてそのレートがどういう経緯で出来たか。
そしてそこからのパワー。

ん~やっぱり今日もうまく言えません^^;すいません。僕やっぱりアホです。

①AUD/JPY BUY
+44.8pips

15分足 実はIFD注文だったんですね。ようはビタで注文です。大きな下落を確認して持ち合いました。先日もサポートで機能した91.00ラインはご健在だったんですね。よって注文。
20140213AUDJPY1.jpg

1時間足 上のレンジゾーンを下抜けした大陰線辺りまで伸びるんちゃうか?って感じだったんですがそんなにうまくは行きませんよね?^^;トレールで引き上げていたストップにかかり一時撤退。
20140213AUDJPY2.jpg

4時間足 大事なとこなんですがなんて説明したらいいか・・・。下降は一旦崩れ、91.00を足台にして何回か上にチャレンジしているんです。下抜ければ、売り勢の勝ちとなる。用は短中期の買いのチカラと・・・。
20140213AUDJPY3.jpg

日足 上からの売りのチカラがせめぎあっている。つまり、利を伸ばせるトレードは厳禁なゾーンです。
20140213AUDJPY4.jpg

②EUR/JPY BUY
+53.8pips

15分足
最近ユーロ円は難しい感じだったんですが、ある程度日時が過ぎると少し見えてきました。まずは今回もIFD注文です。リスクはあります。利確は成行でしたが、ピンクの四角の139.605ラインは短期でレジサポや大きな売りの注文などが入ったレート。つまり、揉みあう可能性があるレート下で決済。
20140213EURJPY1.jpg

1時間足 まずなぜ139あたりで逆張り買いのエントリーが出来たか?まずは1時間足レベルで「ペナントっぽいレンジゾーン」ができつつあったことと、以前にもこの辺りのレートが意識されていたこと。
20140213EURJPY2.jpg

4時間足 でも・・・極めつけは左黄色い矢印のレンジゾーン。以前にも揉み合っていたんですね。後、ストップまでを非常に近く出来た。
20140213EURJPY3.jpg

日足 今回も利を伸ばしすぎたらダメなゾーンでした。狙うは上下のピンクラインをどう抜けたら、どうトレードしようか?そこのシナリオは考えます^^
20140213EURJPY4.jpg

ロットを少し増やしているんですが、少しづつ慣れてきました。^^;
諦めたら終わりです!僕だって平凡人間!共に頑張りましょう!応援よろしくお願いします!


FX初心者 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。