スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

均衡が崩れるとき。

みなさんこんばんは。今日は経済指標や米国株相場の買い先行なども含めて、為替市場も一気に動きました。
今月に入ってまだトレード1回です。。しかも負けてる笑

でもいいんです。結果よりもそこに至るまでのプロセスを今は大事にして、頭や体に沁みこませ習慣化していくことに専念していますから。今日は何通貨かシナリオエントリー待ちになってますが、まあ、明日ですね。
今は「ただの抜け」の状態です。確定ではないので安易に飛び乗りません。

今日はドル円について語らせてください。
僕の環境認識ですが、日足からエントリーまでどう考えてシナリオを建ててるか聞いてください。

まずは先日建てたトレードプラン。シナリオ3は欲考えたらリスクが高い(負ける確率が高い)ポイントでしたので施行しなかったんですね。現在はシナリオ4待ちです。
20140302USDJPYTP.jpg

じゃあ、なぜシナリオ3はリスクがあるのか??そして僕の環境認識。
日足はアップトレンド中で、いったん頭を抑えられたものの黄色いゾーンで「買いと売り」が戦っていたんですね。
しかし!日足のローソク足確定ではないので、確実ではなく可能性ですが・・・「レンジを上抜けたってことは日足の上昇トレンドに回帰かも!?」の可能性が出てきたって訳です。これが大きな環境認識。
20140306usdjpyken.jpg

4時間足を見ると、そう、シナリオ3は黄色いゾーンの中からの買いエントリー。運よく利幅を伸ばさなかったら勝てるかもしれません。でも102.846(オレンジライン)で頭を抑えられていた事実がある。ボラも広くはないってことは、ロングだろうがショートだろうがエントリーはリスクがあると思いませんか?だめじゃないんですよ?トレードスタンスなどの問題で、僕はスキルがないんでエントリーできない場面ってことが言いたいだけなんです。
20140306usdjpyken2.jpg

で、肝心なのはこの後。すぐ押し目作ってエントリーGO!と行きたいところですが、102.846付近がサポートに変わったの?ってことを確認しなければならない。紫の四角のエントリーゾーンは、それさえ確認できたらチャートパターンなど利用してエントリーです。このへんは力量なんですけどね^^;難しいとこです。。

でも、考えてみてください。日足のアップトレンドに回帰の可能性→4時間足でレンジを上にブレイク!→短期足はアップトレンド継続中!
っで僕は「エントリー探してみようかなあ・・・」って感じです。
今回はドル円を例にとって喋りましたが、こんな感じでトレードプランを作成してます^^
まだまだへたくそですが、頑張ります!

p.s 明日、行って来い相場だったらそれまでです笑
勝ちトレーダーのブログではないですが、よろしければ応援よろしくお願いします!


FX初心者 ブログランキングへ




スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。