スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/26のトレード

みなさんこんばんは。今日は安いチューハイを飲みながらの投稿です。今は僕は様子見段階です。短期足でトレードされる方は取りに行ける相場なのかな??僕は4時間足での勝敗を分ける「いい波」に対してのトレードスタンスですので、まだ下降途中(大きい時間足での押し目を探す部分)とかもみあい開始!(大きい時間足での買いと中期の戻り売りが戦い出したところ)ぐらいです。
監視通貨が多いぶん、タイミングがずれますがもみあいの勝負がつくタイミングが似てくるのでチャンスが増えますが、いったんチャンスが終わるとトレードできるまでの「かなりの待ち時間」ができます。
つまり、今までちょこちょこトレードして今まで勝ったぶんを吐き出してしまうよく分からないトレードを全て見送ることができます。
メリットは次ぎの監視全通貨における準備がゆっくりとできます。
短期足できれいな上昇波形が描かれていても、「4時間足から見れば、決着がついていない状態」なのでトレードする気も起きません。
あくまで、「自分の低いレベルで分かりやすいとこのみトレードしてみる!」ここをルールとしています。
前置きが長くなりました。。

USD/CAD ロング
-40pips
RR 1:1.5
今回はIFD注文です。

15分足 IFD注文です。少しリスクが高すぎました笑
20150826UCa.jpg

1時間足 大きい4時間足からいい波が出て、さらに小さなもみあい。そしてそれを抜けるいい波(緑)に対しての押し目買いです。
20150826UCb.jpg

4時間足 環境はこうです。アップトレンドを継続させようとする波に対しての押し目買い。
20150826UCc.jpg

日足
20150826UCd.jpg

エントリールールでは間違いではありませんが、IFDは難しいなあ・・・。やっぱり小さな時間足の戦いの決着まで見ないと少し気持ち悪いですね。
さて、今日もノートレードですがしばらくこのやり方をがんばっていきます!

8/28現在次のエントリーチャンスは①4時間足のもみあい抜けトレード②抜けからの押し目買い③もみあいが少ない場合はトレンド転換待ち。以上です。

また暇なとき図で説明したいと思います。

では! 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。